イギリスのゴルフ場と観光の魅力

ゴルフ好き・旅好きのイギリス旅行記録

ライダーカップを忘れてました!!

4大メジャーが終わり少し気が抜けた私でしたが、、、

「今年はライダーカップが開催される年」

であることをすっかり忘れていました!!

ライダーカップのことは日本のテレビ局で放映されないせいか、案外日本のゴルファーの方は気に留めていない方が多いように思います。

私は2年前にスカパーでライダーカップの中継を見て以来、すっかりライダーカップのファンになりました。

 実は世界では、マスターズとライダーカップは同じくらい注目されていて、チケットもネット上ではマスターズと同じくらいの値段が付いています。

世界レベルではサッカーのワールドカップとオリンピックに次いで、最もマスコミの注目を集めるスポーツイベントなんです!!

参戦する選手たちは、ライダーカップに出場することやチームに勝利をもたらすことをゴルファーとしての一番の名誉とし、賞金は支給されません

ですので、自分自身のためにプレーをする通常のトーナメントとは全く違った緊張感が漂っています。

f:id:kameusakiji:20180817120309j:plain

今回の開催地はフランスで、9月28日(金)~9月30日(日)にサン・カンタン・アン・イヴリン県のル・ゴルフ・ナショナルで開催されます。

ル・ゴルフ・ナショナルは、ヨーロッパでも数少ない8万人のギャラリーを受け入れることができるゴルフ場だそうです。

フランスなら簡単に行けそうなので、ライダーカップのチケットを現在手に入れようとすると一体いくらなのかしらと調べてみました。

日本のサイトでは、普通のチケットがなんと1日12万円程度で売られていました(@_@)

ツアーも探してみましたが、4日間観戦で70万円程度JETツアー)でした(T_T)

これでは高すぎて現実的でないですので、フランス現地のサイトでチケットの購入価格見ると、、、

f:id:kameusakiji:20180817114334j:plain

練習日で6,000円程度、本戦で25,000円前後のようです。

これなら、航空券とホテルを自分で手配できれば現実的な価格で行けそうです。

あとは、フランス語を何とかクリアできればということになりますが・・・(;^ω^)

 

あの地響きがするほどの応援の渦の中に混然一体となって是非観戦してみたいものですが、

問題はヨーロッパチームとアメリカチームどちらを応援するのか・・・

どの出場選手も大好きなビッグスター揃いですので、みんな応援したい・・・

これはかなり難しい選択ですね(-"-)

 

ライダーカップとは>
欧州選抜と米国選抜による対抗戦として2年に一度行われる団体戦。1927年イギリスの大富豪・サミュエル・ライダーの提唱で第1回大会がイギリス・ワーチェスターCCで開催されました。初は英国と米国の対抗戦でしたが、1979年から現在の欧州選抜として対戦しています。ヨーロッパとアメリカのホームアンドアウェー方式で開かれ、前回大会(2016年)は米ミネソナ州のヘイゼルティンナショナルGCで行われ、米国選抜が4大会ぶりに勝利を飾りました。両チームとも出場選手は無報酬、名誉をかけた戦いに選ばれることが誇りとされています。(全41戦 米国:26勝、欧州13勝、引き分け2)

3日間にわたり、12人ずつの2チームが腕を競い合います。試合はシングルかダブルスのマッチ・プレイで行われます。28試合が終わった段階で、14 1/2か、それ以上のスコアを獲得したチームが優勝となります。
とりわけダブルスのマッチ・プレイは、選手同士で互いに力を補い合う独特の戦術が必要となるため、見ごたえがあります。 

f:id:kameusakiji:20180817115527j:plain

 最後までご購読、ありがとうございました(^^)/

 

来年の4大メジャー観戦は、どれにしようかな・・・(^^♪

先日、全米プロゴルフ選手権が終わりましたね。

優勝者のケプカもすごかったですが、タイガーウッズの復活もすごかったですね!!

やっぱりメジャーの戦いはドキドキわくわくハラハラさせられます。

しかし、これで今年も4大メジャーがすべて終わってしまいました(T_T)

お盆休みも今日で最後、ちょっと気持ちが沈み始めてきています。

そこで、また来年の旅に向けて準備を始めよう~~~!!(^ω^)

 

f:id:kameusakiji:20180816161616j:plain

まずは、来年はどのメジャー観戦に行こうか調査開始。

来年の4大メジャーは少しだけ様子が変わります。

例年は8月に開催されていた全米プロゴルフ選手権が5月に移動になるそうです。

ですので、、、

4月 マスターズ選手権(オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ

5月 全米プロゴルフ選手権(ベスページ・ステートパーク・ブラックC)

6月 全米オープン(ペブルビーチ・ゴルフ・リンクス)

7月 全英オープン(ロイヤル・ポートラッシュ・ゴルフクラブ

来年の全英OPはアイルランドで、それ以外はすべてアメリカでの開催。

勿論、マスターズはぜひ観戦したいですがかなりの高額を出さないとみられません。

ネットの販売で購入するとチケット代金だけで練習日でも1日15万以上、本戦となると32万くらいします。

ツアーで行くとなると、火・水・木3日間の観戦で最低でも90万程度、本戦が見たいとなると120万はかかりそうです。

 

一方、全米オープンまたは全米プロゴルフ選手権のチケットはウィークリーで購入しても5~7万円程度ですから、自分で旅行手配すればかなり現実的な金額で観戦できます。

ツアーで行っても、マスターズの半額以下で行けそうです。

全英オープンであれば、ウィークリーで4万円程度ですから、安くで観戦できることは以前にブログでご紹介した通りです。

昨年の全英オープンゴルフ観戦旅行の手配詳細です(^^♪ - イギリスのゴルフ場と観光の魅力

2019年の全米オープンは「ペブルビーチ・ゴルフ・リンクス」に一度も行ったことのない私としてはとても魅力があります。

有名な場所なので会場までの移動に問題ないとは思いますが、イギリスのようにペブルビーチまで電車が通っているわけではなさそうで、レンタカーもしくはバスまたはタクシーでの移動になるかと思います。

しかし、私の場合「女子一人旅」なのでアメリカ旅行にはとても不安があります。

英語がペラペラでもなく、知り合いもいないアメリカの銃社会に一人で行く勇気はさすがにありません・・・。

 イギリスは治安についてはかなり安心できる国です。

特に北部はスリや窃盗といった事件もほとんどなく、交通規則も日本に似ています。

今までイギリスを旅した経験から、ロンドンより北の地域は人々が温和な感じでした。

勿論イギリスもテロが起こらないないわけではないですが、ゴルフの4大メジャー大会の開催地はみな都心部から離れていますから問題なさそうです。

そのような理由から、結局、来年も全英オープンを見に行くことになりそうですが・・・

 

やっぱり、マスターズは見に行きたいですよね!!

そこでさらにひつこく、マスターズのチケット入手について調べてみることに。

マスターズのチケットは以前は一般販売されてなかったようですが、2012年大会から一般販売が始まったようです!!

数としてはかなり少なくて、抽選に当たらないとだめなのですが・・・なんと、

練習日 65ドル(7000円程度)

本戦 100ドル(12000円程度)

え!!こんな金額で手に入るなら銃で撃たれてもかまわないですよね~!(@_@)!

では一体どうすればこの抽選に参加できるのかしら?

さらに調べてみると「Masters Tickets」というサイトに登録すれば誰でも抽選に参加できることがわかりました。

f:id:kameusakiji:20180816160058p:plain

今からだと2020年のマスターズ観戦チケットの抽選参加となります。

抽選開始のお知らせメールが春ごろに届き、抽選受付は前年の4月中旬・下旬から5月末までのたったの1か月強のみ。

結果が5月以降にわかるというシステムのようです。

この抽選の確立がどの程度かはわかりませんが、宝くじよりは当たりそうな感じです!!

もし、もし、万が一マスターズの抽選に当選したら、、、

再来年は迷わずマスターズ観戦!!(*´▽`*)

マスターズのサイトに登録したことで、私の人生の楽しみが一つ増えたました(^^)

 

f:id:kameusakiji:20180816160441j:plain

 

 

 

www.ets77.com

 

 

 

 

可憐な花の咲く、リンクスのラフ

「今日は、久しぶりの雨です!!これで少しは芝も元気になるでしょう」

・・・とのスコットランドからの嬉しい便りが届きました!!

前回のブログでアマガエルに「雨ごい」をした成果がさっそく出たようです(*^^*)

f:id:kameusakiji:20180813224848j:plain

イギリスのリンクスのラフは、草深いと勘違いされている方が多いようです。

全英オープンの映像で、腰丈程もあるのラフが映し出されると、

「これはちょっとやそっとでは出せないに違いない」と思われるかもしれません。

しかし実際のイギリスのラフは、日本のラフのイメージとは異なります。

f:id:kameusakiji:20180813225027j:plain

日本のラフの芝は固くて密集していますが、イギリスのラフはかなり違います。

背が高く伸びていても草の質が柔らかく、草の根がまばらな感じのところが多いです。

ですので非力な私でもたいていのラフから脱出することができました。

勿論、ハリエニシダのブッシュに入ってしまったときは万事休すですが…(+_+)

f:id:kameusakiji:20180813225123j:plain

ラフにはいろいろな種類の可愛らしい花が混じって咲いています。

可憐な花に出あうと、植物好きの私はつい気持ちが花の方に行ってしまいます。

f:id:kameusakiji:20180813225216j:plain

著名なゴルフエッセイ本「夏坂健セレクションⅠ」に

「麗しきハリーの選択」という話があります。

ハリー・ブラッドショーという選手が大切な試合中にアンプレアブル宣言をするのですが、、、

その理由はハリーのボールがラフの片隅にひっそりと咲く可憐な紫色の花の手前にあったためだというのです。

もしそこでクラブを振れば花は木っ端みじん、ハリーは自らアンプレアブル宣言をして1打損をすることを選んだとういのです。

f:id:kameusakiji:20180813225241j:plain

イギリスのリンクスを歩くと、ハリー選手の気持ちがわかるような気がしました。

リンクスはゴルフのためだけに存在しているわけではありません。

リンクスを歩くと、豊かな自然を楽しむという心が沸き上がってきます。

5月頃には小鳥がラフの中で巣を作り、卵を温めています。
ですので、この時期だけはリンクスで飼い犬のリードなしの散歩は禁止されます。

小鳥のさえずりも、リンクスでのゴルフの楽しさを倍増させてくれます。

f:id:kameusakiji:20180813225320j:plain

この写真は、昨年7月の全英オープン会場「ロイヤルパークディール・ゴルフ・リンクス」の小径の写真です。

 

今年は雨が全く降らず、すっかり茶色に塗り替えられてしまいました。

さらなるの恵みの雨で、再びリンクスに緑が戻りますように、、、

引き続きアマガエル大王様にお願いすることにいたしましょう!!

f:id:kameusakiji:20180814003442j:plain

 

 

www.ets77.com

 

 

 

イギリスには、アマガエルはいるのかな…

台風一過で今日からまた猛暑日となりました。

欧州でも、今年は猛烈な暑さが続いていると報道されています。

スペインでは、暑すぎて自然発火したようですね(@_@)

フランスでは暑さのため原発が停止、オランダでの高速道路はアスファルトが溶け、ノルウェーではトナカイが暑さのためトンネルに避難・・・

スコットランドの現地情報によると、全く雨が降らないのでゴルフ場の芝が枯れてしまいフェアウェイがまっ茶色だそうです(*_*;

そういえば、すでに全英オープンの時からフェアウェイが茶色かったですね・・・

「グリーンだけは水を撒いて緑が保たれています」とテレビ放映で解説されていたのを覚えています。

f:id:kameusakiji:20180810232148j:plain

今年5月に訪れた時の「プレストウィック・セントニコラス・リンクス」の写真です。
駐車場に着いたとたんに、突然散水が始まり水しぶきを浴びて驚きました。
そういえばその頃から「もう2週間雨が降ってない」と聞いて、雨の多いスコットランドでは珍しいことだな…と思っていました。

日本の芝生は暑さに強い品種を使っていますが、イギリスの芝は暑さや乾燥に弱いようです。

この異常気象で、欧州の自然に大きなダメージを残さなければ良いのですが・・・

 f:id:kameusakiji:20180810230655j:plain

 

今日は、私の借りている畑の草抜きをしました。

台風の後だったせいか、草むらからアマガエルが一匹顔をだしました。

可愛いですよね・・・(^^♪

 

アマガエルに『イギリスに雨を降らせてください…』と雨ごいをしてみました。

 f:id:kameusakiji:20180811002624j:plain

  

https://www.ets77.com/

 

マッセルバラ・リンクスでヒッコリーゴルフしましょう!!

今日と明日は久々のゴルフの予定が、台風接近で中止となりました(T_T)

でもこんなお休みには、以前から書きたかったけどしっかり下調べができずに書けなかった記事が書けます!!(^^)

 

はてなブログで私が大変お世話になっているヒデさんという方がおられます。

ゴルフと登山と時々色々/札幌発(^^)/ - ゴルフと登山と時々色々/札幌発

この方が主催されておられるサークルでは、ゴルフだけでなく競馬も楽しんでおられるという記事を書いておられたので「マッセルバラ・リンクス」のことを思い出しました。

でもこの記事を書く寸前に、な、な、なんとヒデさんのサークルは競馬撤退宣言(*_*;

 ちょっと遅ればせながらですが、、、

今日は「競馬場の中にあるイギリスのゴルフ場」の紹介をしたいと思います。

f:id:kameusakiji:20180808233241j:plain

このリンクスは、スコットランドの首都エジンバラから10kmほどはなれたところのフォース湾の海岸沿いにあります。

「世界で一番古いゴルフコース」とかかれた看板の後ろにあるのは、競馬場のスタンドと馬の厩舎です。

f:id:kameusakiji:20180808235026j:plain

リンクスといっても、海のすぐそばではないので海は全く見えません。

どちらかというと遠くになだらかな丘陵が見えて、海の風は全く感じませんでした。

f:id:kameusakiji:20180809004134j:plain

このリンクスの特徴としては、、、

今でもプレーできるゴルフ場としては世界最古のリンクスであること

*コースが競馬場の中にあること

全英オープンがこのコースで6回開催されていること(1874~1889)

*メアリー女王がこのコースでプレーしたといわれていること

といったことで有名です。

f:id:kameusakiji:20180808234953j:plain

ここに記載されている歴史を見ると、実に堂々たる歴史のゴルフリンクスですよね。

1567年にメアリー女王がゴルフしたというのは伝説っぽいのですが・・・

「キャディー」という言葉の語源は、フランスからスコットランドに出戻ったメアリー女王がゴルフをするときにおつきのものを「カデ」と呼んだことに由来するといわれています。メアリー女王が「大のゴルフ好き」で「ゴルフが上手」だったことは間違いないようです。

1811年に開催された女性コンペは、世界で初めての女性の競技記録だそうです。

それもなんと、近隣の漁師の奥さんのコンペ~(*´▽`*)

そんなわけでゴルフ女子としてはものすごく親近感を覚えました。

スコアカードの裏に、女子のゴルフクラブの宣伝が男子と同じ大きさで掲載されているのも印象的でした(^^)

f:id:kameusakiji:20180809004348j:plain

また、ゴルフのコースが競馬場の中にあるので「ローカルルール」が面白いです。

英語の苦手な私ですが、調べながら読んでみました。

f:id:kameusakiji:20180808235230j:plain

HOLE1:ゴルフボールが「Fibre Sand」のところに行ったら、ドロップゾーンを使う

と書かれています。

「Fibre Sand」とは、人工の繊維と砂を混合した素材でつくられた競馬場用の砂のことで、つまり競馬用の道にの方に行ってしまったときはそこからショットを打ってはいけないということのようです。

私は競馬を実際に見たことがないのですが、馬の蹄を守るためや砂ぼこりが立たないよう馬の走る道には人工の砂を使っているようですね。

OUT OF BOUNDSぐるっと囲われているフェンスを越えたらOBとするという決まりは競馬場ならではですね!!(^ω^)

f:id:kameusakiji:20180809002131j:plain

9ホールしかないので、インとアウトが全くおんなじで~す( *´艸`)

見栄張って18ホールにしているみたいで、ちょっと面白いです。

プレーヤーの欄が「A」と「B」しかないのは、以前にも説明した通りイギリスのゴルフはマッチプレーだからです。

イギリスのゴルフは、マッチプレーです!! - イギリスのゴルフ場と観光の魅力

f:id:kameusakiji:20180809002432j:plain

スタートホールの1番と4番は、競馬場の柵を超えてのショットです。

練習場などないですから、1番のいきなりパー3はものすごく緊張しました(;^ω^)

2番ホールからは片方に白い柵ずっとあるのでショットを曲げられないコースです。

f:id:kameusakiji:20180809005452j:plain

このコースは距離自体は短いのですが、ラフの芝がメチャメチャ固いのと、グリーンも高麗芝のような固い芝で傾斜もあるためパットが難しかったです。

f:id:kameusakiji:20180809005709j:plain

私がプレーした日はクラブ競技が行われており、ネクタイ姿の競技委員がついてのプレーが行われていました。

その競技風景は、見ていてとても歴史を感じさせられました。

各ホールが隣接しているので、ゴルフ場というか公園みたいな感じでもありました。

f:id:kameusakiji:20180809015344j:plain

時折、周りの道をが通ります。

f:id:kameusakiji:20180809005558j:plain

フェアウィは狭いので、すぐにラフに入ってしまいます、、、
ラフは日本より長いので、ラフに入ったボールを探すのはけっこう大変でした。
「ボールあった!!」と思って駈け寄ったら、白く見えてたのはキノコでした(+_+)
これって、もしかして馬糞茸(?_?)

f:id:kameusakiji:20180809031633j:plain

ゴルフ場に遊びに来た家族ずれは、子供がサッカーボールで遊んでいたり、犬の散歩をしていたりと、それぞれのんびり過ごしていました。

この場所は、市民の遊び場としてのゴルフリンクスが先にでき、後から競馬場ができたのだそうです。

セントアンドリュースは世界中のゴルファーの聖地だが… - イギリスのゴルフ場と観光の魅力

市民の憩いの場であることには、時代を超えてずっと変わりないのですね(^^♪

f:id:kameusakiji:20180809005616j:plain

 

 

クラブハウスでは、シャフトがヒッコリーでできているクラブとガッター・バーチャ・ボールの複製品をレンタルしてくれるようです。

このクラブとボールでプレーすると、1世紀以上前のゴルフ体験ができるようです。

イギリスでは「ヒッコリークラブ」という会があって、このヒッコリーのクラブを使って伝統的なゴルフの装いで競技する会があるようです。

マッセルバラ・リンクスでも年に数回この会が開催されるそうです。

フェイス・ブックに他のゴルフ場でのヒッコリークラブの様子がのっていたのを見たことがありますが、とても楽しそうでした。

f:id:kameusakiji:20180809010607j:plain

それにしても、、、

この熊手のような形のアイアンや、穴の開いたアイアンは一体どのような使い方をするのでしょうか・・・?!

f:id:kameusakiji:20180809010632j:plain

 私が、セントアンドリュース・ボタニックガーデンで買ってきた園芸用品に少し雰囲気が似ているような・・・( *´艸`) 

憩いの場、セントアンドリュース・ボタニック・ガーデン その③ - イギリスのゴルフ場と観光の魅力

マッセルバラ・リンクスは市民コースなので、プレーフィーも9ホール2000円程度と安く、ちょっとゴルフしようかな~という感じで立ち寄れるコースだと思います。

セントアンドリュース・ゴルフリンクスに行く途中にちょこっと立ち寄れる場所です。

今度行くことがあったら、是非このクラブを借りて試してみたいと思います!!

f:id:kameusakiji:20180809005939j:plain

どなたか「ヒッコリーゴルフ」にご一緒くださいませんか・・・(^^)/ 

f:id:kameusakiji:20180809014546j:plain

 

f:id:kameusakiji:20180809024539j:plain

 

 

海外ゴルフツアーならイギリスゴルフーツアー相談室

 

イギリスの不思議な飲み物「ピムス」

ご近所さんから、家庭菜園で採れた太くて立派なキュウリをいただきました(^^)

さて、この立派なキュウリ、何にして食べようかな・・・

と考えているうちに、イギリスで飲んだ不思議な飲み物を思い出しました。

 

f:id:kameusakiji:20180805001100j:plain

私のイギリス旅行では、ゴルフ以外に「観光一人旅」も必ず計画します(^^♪

ゴルフは一人ではできないのでツアーに参加しますが、観光は一人の方が気楽です。

3年前にエルデトラベルのスコットランドゴルフツアーに参加した後、私は一人でロンドンに行きました。

f:id:kameusakiji:20180805001817j:plain

ロンドンでは、郊外に住んでいる友だちが宿泊ホテルまで会いに来てくれました。

その友だちは高校性の時の親友で、イギリス人と結婚してロンドンに30年近く住んでいますから、その日は1日ロンドン市内をあちこち案内してもらえました。

 

f:id:kameusakiji:20180805002051j:plain

 

f:id:kameusakiji:20180805002836j:plain

 

友人の旦那さんも仕事帰りに合流し、一緒に夕飯を食べに行こうということでロンドン中心街にあるアジアンレストランで夕飯を食べました。

 

そのあと「ちょっと飲んでいこうよ」と別のお店に連れていかれました。

そこで不思議な飲み物が出てきました。

f:id:kameusakiji:20180804215157j:plain

「これはイギリスの上流階級の人が好んで飲む『ピムス』という飲み物で、ウィンブルドンのテニスもこれを飲みながら観戦するぐらいイギリス人が大好きな飲み物なのよ!!」

と、友人が教えてくれました。

この「ピムス」は夏でも氷は入れず、生ぬるいまま飲むそうです(;'∀')

「この飲み物に入っているものは何だと思う?」

と友人にたずねられましたので、よくよく観察してみると・・・

オレンジ、レモン、パイナップル以外に何やら緑色の物体が入っていて、少しスイカのような香りがしました。

「これは『キュウリ』なのよ!!」と聞いてびっくり(@_@)

「ピムス」のお味は少しサングリアに似た感じの炭酸アルコール飲料ですが、

やはりキュウリが独特の香りを加えていました。

f:id:kameusakiji:20180804215302j:plain

イギリスの気候では『キュウリ』は温室で育てるか輸入するしかなく、19世紀から20世紀の貴族の間では高級な食品として珍重され「キュウリでもてなす」ことはお金持ちのステータスだったそうです。

有名な「アフタヌーン・ティ-」のメニューにも、上品な甘いお菓子と一緒に「キューカンバー・サンドウィッチ」が必ず出されるのはこのような理由があるそうです。

EUに加盟した現在でも「キュウリ」はイギリスの庶民にとってなじみの薄いもののように感じました。

なぜなら、イギリス旅行でスーパーに立ち寄った時に「キュウリ」を置いてあるところはとても少なったです。

野菜コーナーで「キュウリかな?!」と思うと、たいていはズッキーニでした(;^ω^)

 

f:id:kameusakiji:20180804215616j:plain

日本では一年中売られており、お漬物になくてはならない「キュウリ」ですが、現代のイギリス庶民は「特に栄養価のないキュウリ」にあまり興味がなさそうです。

イギリスで数回見かけた「キュウリ」は、日本の一般的なものより太くてまっすぐで長く、イボイボはありませんでした。

f:id:kameusakiji:20180804215649j:plain

一本ずつビニールで丁寧にパックされており、一本100円程度でした。

昨年の旅行では一週間同じホテルに宿泊したので、1本買って毎日パンにはさんだりして食べきりました( *´艸`) 

f:id:kameusakiji:20180804215711j:plain

 

イギリスの「アフタヌーン・ティー」に出される「キュウカンバー・サンドウィッチ」のレシピがネットに紹介されてました。

①キュウリを輪切りにして、ワインビネガーにつけてしばらくおく。

②汁気をキッチンペーパーでとり、バターを塗ったパンにはさむ。

 f:id:kameusakiji:20180804221725j:plain

とても簡単そうなので、今回いただいた立派なキュウリでさっそく作ってみることにしました(^^♪

f:id:kameusakiji:20180804221759j:plain

ピクルスより上品な酸味で、簡単なのに結構美味しいです\(^o^)/

皆さんもぜひ、、、

イギリス貴族の味「キューカンバー・サンドウィッチ」

を作ってみてください!!

 

 

 f:id:kameusakiji:20180804215816j:plain

 昨晩の花火大会はお天気もよく、とても綺麗でした。
大きな花火があがると、夜空と湖がとても明るく照らされました(*'▽')

 

 

海外ゴルフツアーならイギリスゴルフーツアー相談室

 

 

リンクスでかじるリンゴの味は格別!!

 

f:id:kameusakiji:20180730195817j:plain

前回はイギリスの桃について書きましたが、今回の話題はリンゴです。

イギリスのスーパーに行くと日本では見かけない果物たちが並んでいます。

また、同じ果物でも形が違ったりしますので興味深々です。 f:id:kameusakiji:20180803165553j:plain

梨は丸くないものがほとんどで、洋画に描かれているようなフォルムが私好みでした。

梨の味は日本のように甘くないですが、自然の甘みと独特の香りがします。

リンゴは日本で売られているものと姿形は同じですが、ミカンと同じくらいの大きさでした。

f:id:kameusakiji:20180803161505j:plain

種類がいろいろあるのですが、どれも日本のものより小さかったです。

1回分食べきりサイズなところが桃と同じで、一人旅にピッタリでした(^^♪

日本人はイチゴなんかでも大きいほうが好きですが、ヨーロッパの国ではそのあたりの価値観が違うのかもしれませんね。 

f:id:kameusakiji:20180803161912j:plain

イギリスでゴルフするときはスループレーですので途中で軽く食べられるものを少しゴルフバックに入れておくと便利です。

エルデツアーでゴルフラウンドに行くときは、ホテルからゴルフ場に向かう途中で

「飲み物とサンドウィッチでも買っていきますか?」となり、たいていコンビニに立ち寄っていただけました。

ある日、ホテルの朝ごはんでお腹がいっぱいの私は立ち寄ったコンビニで「そうだ、リンゴを買って持ってってみよう」と思い、いろいろある中でも一番小さいリンゴを一袋買いました。

そしてツアーですっかり仲良くなったお仲間に、プレーの途中でそのリンゴを一緒に丸かじりして食べる計画でしたが・・・

ガブリッ!!とかじりつくと口の中には予想外の味と香りが広がりました(?_?)

・・・なんと、それはリンゴではなく大き目のプラムだったのです( *´艸`)

一緒にかじりついたお仲間と大笑い、キャディーにも差し上げて楽しいラウンドのひと時を過ごしました。

f:id:kameusakiji:20180803162104j:plain

イギリスで果物を買う時は、リンゴとプラムを間違えないようにしましょう!!

まとめて袋に入っていると、見間違えます・・・って、私だけかな?!(#^^#)

ポケットにリンゴを忍ばせて、リンクスの大自然の中でのんびりラウンド(^ω^)
次回は間違えずに買って「リンクスでのリンゴの丸かじり」にもう一度TRYしてみたいと思っています!!

f:id:kameusakiji:20180803162709j:plain

   

今日は、地元のお祭りの前夜祭で「花火大会」があります。

1年に1回、小さな湖のまわりに沢山の屋台が出て大勢の人が花火を見に来ます。

そういえばお祭りの「リンゴ飴」はリンゴが少し小さいような・・・

最近、スーパーにも春から夏にかけては輸入物の小さなリンゴが売られています。

世界はだんだんと小さくなってきているのかなぁ・・・

 

f:id:kameusakiji:20180803113513j:plain

昔ながらの屋台の風景、日本らしさの一つですね(^^)

今夜が楽しみです♡

 

www.ets77.com